災害リスクの軽減

ISCとその前身であるICSUは、災害リスクに関する国際的な研究の調整に長い間関わってきました。

創業の背景

2008で、 災害リスクプログラムに関する統合研究 (IRDR)が作成されました。これは、2010年に運用を開始し、ISCのGeoUnionメンバーによる数十年にわたる作業に基づいています。 両方 UNISDR & ISSC 共同スポンサーです。 IRDRの創設は、この分野で最も差し迫った問題に取り組むために学際的な科学が必要であるという認識に端を発しています。

持続可能な開発に関するRio + 20会議での実績に基づいて、2014年のICSUは、UNISDRの責任者であるMargaretaWahlströmから招待され、第3回世界防災世界会議に向けて科学技術コミュニティを調整および代表しました。仙台、2015年2015月。この会議は、新しいグローバルなXNUMX年以降の協定である 災​​害リスク削減のための仙台のフレームワーク – 2005年兵庫行動枠組のフォローアップ。

ICSUは、14年15月17〜18日と2014月XNUMX〜XNUMX日にジュネーブで開催された会議の準備委員会のXNUMX回の会議を含め、このフレームワークの強力な科学的基盤を提唱しました。 仙台防災枠組、第XNUMX回で採択 国連防災世界会議は、DRR分野における科学の重要性を強く認識しており、科学界が今後数年間でフレームワークの実装を支援するための多くの手段を提供します。

ISCは現在、仙台防災枠組の優先事項に対応し、政策および実践コミュニティでの科学の普及を支援する統合科学を後押しするために、ハザードと災害に取り組んでいるIRDRおよびより広い科学コミュニティと緊密に協力しています。 私たちの最近の活動の例には、2017年の災害リスク軽減のためのグローバルプラットフォーム(22年26月2017〜XNUMX日、カンクン)での強力なプレゼンスが含まれます。 ポリシーブリーフ、IRDR、フューチャーアース、WCRPプログラム全体の協力と知識のギャップの重要な分野の特定、日本科学評議会、UNISDR(現在はUNDRR)などとのパートナーシップによる災害回復力のための科学技術に関するグローバルフォーラム2017の開催2017年XNUMX月に日本で。


電流プローブ

仙台ハザードの定義と分類のレビューは2019年XNUMX月に開始されました。

仙台防災枠組は、人為的および自然災害を対象として、災害リスク削減の範囲を生物学的、環境的、地質学的、水文気象学的および技術的ハザードに拡大し、災害リスク削減へのマルチハザードアプローチを求めました。

国連防災局(UNDRR)と国際学術会議(ISC)が共同で進行役を務める新しいワーキンググループは、新しいハザードの定義と分類の開発を任務とし、リストが堅牢であることを確認するために利害関係者からの意見を求めています。 、および地域および地域の用語の全範囲を反映しています。

こちらをクリックしてください。 完全な情報については。


シェア:

コンテンツにスキップ