都市化

都市化の急速な力は、持続可能な開発に関する2030アジェンダに示されているように、持続可能な開発への移行のXNUMXつの側面すべて(社会的、経済的、環境的)を前進させる強力な触媒です。

都市化グリーン

ハビタットIII

国連のハビタットIII会議でICSU(私たちの前身の組織)科学界を招集し、関与のためのプラットフォームを提供する役割を果たしました。 共催のプログラムで、会議の成果文書であるニューアーバンアジェンダにおける科学の強力な役割を提唱しました。これは、都市での持続可能な開発目標11の実施をサポートするはずです。

科学界の貢献は、個々の町や都市、および都市のグローバルシステムが直面する技術、設計、制度、ガバナンスの課題をサポートするために不可欠です。 科学はまた、都市の生態系内の生活と、将来の地球環境の変化に対する都市の影響を理解するための鍵でもあります。

17月20〜XNUMX日にエクアドルのキトで開催されたハビタットIIIは、これまでのすべての国連フレームワークプロセスの中で最も包括的であり、市民社会の関与のための複数の入り口を提供しました。 これらの中で最も目立ったのは、パートナー総会(GAP)でした。 GAPは、持続可能な都市化に関心を持つ事実上すべての組織、個人、または利害関係者グループに開かれていました。 そのメンバーシップは、個々の都市の政策立案者から、国連の主要グループシステムと同様に、女性、専門家、学者、先住民、財団、国会議員、農民、子供、メディア、さらには企業や労働組合の組織化されたグループにまで及びます。 。 ICSUはこのプロセスに積極的に参加し、科学界からの知識を提供しました。

2016年XNUMX月、ICSUは、世界保健機関、ガーナとノルウェーの政府、国連大学グローバルヘルス研究所、および国際都市保健学会とともに、コミュニティの新しいものへのインプットを調整するための専門家会議を招集しました。アーバンアジェンダ。 会議の結果、最終的にニューアーバンアジェンダに含まれる提案された言語と、健康と都市政策の重要な関係を概説し、さらなる行動の基礎となる「ニューアーバンアジェンダの脈動としての健康」に関する報告書が作成されました。 ICSUのUrbanHealth andWellbeingプログラムによる。

ICSUとFutureEarth for Habitat IIIによって調整された作業の重要な要素は、新しい都市アジェンダの実施段階で出現するグローバルな知識プラットフォームの特定された必要性に関連しています。

都市と都市化の重要性を強調するいくつかの重要な世界的合意を受けて、持続可能な都市開発に関する国、地域、地方の公的および民間の意思決定者のための体系的で実践的かつ証拠に基づくガイダンスの必要性が劇的に高まっています。

ICSUは、科学の擁護と利害関係者の関与の任務の一環として、ハビタットXチェンジと呼ばれるハビタットIIIの知識交換プラットフォームの設計と実行において、フューチャーアースとポツダムの応用科学大学と提携しました。 科学政策の対話、フューチャーアースのナレッジアクションネットワークの立ち上げから、C17、WHO、UCLGなどの都市の利害関係者グループとの共催イベントまで、合計40のイベントがこのスペースで開催されました。


新しい都市アジェンダの脈動としての健康

住宅と持続可能な都市開発に関する国連会議、
キト– 2016年XNUMX月


国連のハビタットIIIサミットで、都市の未来のために科学、視覚化、デザインをつなぐコラボレーションスペースであるハビタットXチェンジのシーン。 国際科学会議(ICSU)、ポツダム応用科学大学、フューチャーアースのコラボレーション。 写真:ヨハネスメンゲル/ ICSU


生息地Xの変化

ICSUは、ドイツのポツダムにある応用科学大学のFutureEarthおよびUrbanComplexity Labと協力して、エクアドルのキトで開催されたHabitat III会議でカスタマイズされたスペースを開発しました– Habitat XChange。 このスペースは、科学、都市化、データの視覚化に関するイベントとネットワーキングを提供しました。 17つのパートナーが共同で目的を定義し、それが共通のスペース、ソーシャルメディアチャネル、アクティビティ、イベント、製品の視覚的なアイデンティティに変換されました。 これにより、XNUMX日間で科学政策と視覚化に焦点を当てたXNUMXのイベントのプログラムが生まれました。

ICSUトラックのCitiesand Scienceでは、Urban Health andWellbeingプログラムが健康都市に関するイベントを調整しました。 他の40つのイベントは、CXNUMX Cities Climate Leadership Groupとのパートナーシップで開発されたものを含め、科学と政策と実践の結びつきに関するものでした。

Habitat X Changeは、ポツダムの応用科学大学によって構築されたインスタレーションも特徴としており、ケープタウン、ボゴタ、シンガポールのXNUMXつの異なる都市でいくつかのデータの視覚化を紹介し、訪問者がこれらの都市が発展しているさまざまな方法を発見できるようにしました。


新しい都市アジェンダの実施

ISCとその科学的パートナーは、引き続きニューアーバンアジェンダの実施において役割を果たします。 2017-18年の主なマイルストーンは次のとおりです。

  • 2017可能性があります。 国連ハビタット統治評議会
  • 2017年XNUMX月:最初の会議 UCL-Nature Sustainability ExpertPanel SDG11と新都市アジェンダの実施を支援するための都市科学政策インターフェースを強化するための提言の作成について。
  • 2017年XNUMX月:国連ハビタットの既存および将来の任務に関する国連総会の新たに選出された事務総長報告
  • 月2018: 第9回世界都市フォーラム (クアラルンプール)
  • 初期の2018: IPCC都市と気候変動会議 (エドモントン)
  • 2018年5月:SDG目標6(水と衛生)、7(エネルギー)、11(都市と人間の居住地)、12(持続可能な消費)、15(森林と生物多様性)をレビューする予定の第XNUMX回ハイレベル政治フォーラム

また、読み込み

シェア:

コンテンツにスキップ