都市開発

都市化の急速な力は、持続可能な開発に関する2030アジェンダに示されているように、持続可能な開発への移行のXNUMXつの側面すべて(社会的、経済的、環境的)を前進させる強力な触媒です。

都市開発

科学界の貢献は、個々の町や都市、および都市のグローバルシステムが直面する技術、設計、制度、ガバナンスの課題をサポートするために不可欠です。 科学はまた、都市の生態系内の生活と、将来の地球環境の変化に対する都市の影響を理解するための鍵でもあります。

ハビタットIII

17 年 20 月 2016 ~ XNUMX 日にエクアドルのキトで開催された国連のハビタット III 会議で、ICSU (ISCの前身組織)科学界を招集し、関与のためのプラットフォームを提供する役割を果たしました。 共催のプログラムで、会議の成果文書であるニューアーバンアジェンダにおける科学の強力な役割を提唱しました。これは、都市での持続可能な開発目標11の実施をサポートするはずです。

2016 年 XNUMX 月、ICSU は、世界保健機関、ガーナおよびノルウェーの政府、国連大学国際保健研究所、国際都市保健学会とともに、専門家会議を招集し、コミュニティの意見を新しいアーバンアジェンダ。 会議の結果、提案された文言は最終的にニュー アーバン アジェンダに盛り込まれ、「ニュー アーバン アジェンダの鼓動としての健康」に関する報告書が作成されました。これは、健康と都市政策の重要な関係を概説し、さらなる行動の基礎となるものです。によって アーバンヘルスアンドウェルビーイングプログラム.


新しい都市アジェンダの脈動としての健康

住宅と持続可能な都市開発に関する国連会議、
キト– 2016年XNUMX月


生息地Xの変化

科学擁護と利害関係者の関与の権限の一環として、ICSU はドイツのポツダムにある応用科学大学のフューチャー アースおよび都市複雑性研究所と提携し、Habitat X Change と呼ばれる知識交換プラットフォームの設計と実行を行いました。 このスペースでは、科学政策に関する対話、Future Earth の Knowledge Action Network の立ち上げから、C17、WHO、UCLG などの市の利害関係者グループとの共催イベントまで、合計 40 のイベントが開催されました。 の Habitat XChangeブログ また、科学、都市化、データの視覚化に関する考え方を共有するために設立されました。



コンテンツにスキップ