ユーザー登録

戦略、計画、レビュー

地球の極地の課題を理解する:国際極年2007-2008

まとめ

ICSUとWMOが共催する国際極年(IPY)2007–2008は、その前身である国際地球観測年1957–1958に続いて、地球の極地域で最大の協調研究プログラムになりました。 50,000か国以上からの推定60人の研究者、地元のオブザーバー、教育者、学生、およびサポート要員が、228の国際IPYプロジェクト(科学で170、データ管理で1、教育とアウトリーチで57)および関連する国内の取り組みに関与しました。 IPYは、1年2007月1日から2009年XNUMX月XNUMX日までのXNUMX年間、北極と南極で集中的な調査と観測を行い、その日以降も多くの活動が続いています。

IPY 2007–2008には、地球物理学から生態学、人間の健康、社会科学、人文科学まで、幅広い分野が含まれていました。 すべてのIPYプロジェクトには、いくつかの国からのパートナー、および/または先住民コミュニティや極地の住民組織からのパートナーが含まれていました。

IPY 2007–2008には、教育、アウトリーチ、科学結果の一般への伝達、および主要な使命の中で次世代の極地研究者のトレーニングが含まれていました。 それは、参加者のランクと彼らの製品と活動の多様性を、以前のIPYでは実現も想像もされなかった程度まで広げました。 それは、極地の住民、北極の先住民、そして高緯度に直接関係のない地球上の何百万もの人々を含む多くの新しい構成員に手を差し伸べました。

IPY 2007–2008は、極地の研究および監視プログラム、新しい観測および分析技術、統合されたシステムレベルのアプローチ、および幅広い利害関係者への実質的な新しい資金提供という形で、待望の「パルス」(勢い)を生み出しました。 それは、独自の永続的な遺産を持つ新しい研究と組織のパラダイムを導入しました。 統合ビジョンの力を示し、気象学、氷河学、海洋学、地球物理学、地質学、その他の伝統的な極地研究分野に加えて、生物学、人間の健康、社会科学、人文科学を含む新しい学際的アプローチを統合しました。 それは、極地全体の急速な環境変化に関する高度な研究の社会的価値についての強力なメッセージを送りました。

IPY 2007–2008科学プログラムは、ステータス、変化、グローバルリンケージ、ニューフロンティア、ヴァンテージポイント、ヒューマンディメンションの2003つの包括的なテーマによって推進される学際的なフレームワークとして、2006年間のボトムアップ計画(XNUMX–XNUMX)によって開発されました。

IPYのICSU-WMO合同委員会は、委員会、その直接の前身、IPY国際プログラムオフィス、および関連チームが直接関与したIPY活動のこの予備的な要約を作成しました。 38つのパート(計画、研究、観察、アウトリーチ、レガシー)の2007章のボリュームは、2008年から2001年夏までのほぼ2010年間のIPY 300–30の開発をカバーしています。 2007カ国以上。 IPY 2008–XNUMXのこの広範な概要は、参加国および組織による広範かつ本質的な貢献を示し、次のIPYの将来の青写真を提供します。

IPY 2007–2008は、極地研究の理論的および組織的強化に貢献し、極地プロセスとそれらのグローバルなつながりについての理解を深めました。 大規模なベースラインデータセットが多くの分野で確立されており、それに対して将来の変化を評価することができます。 最終的に多くの利害関係者に長期的な利益をもたらす、斬新で強化された観測システムが発表されました。 大事なことを言い忘れましたが、IPY 2007–2008は、その遺産を未来に引き継ぐことを決意した新世代の科学者を訓練しました。

レポートはセクションごとにダウンロードできます。


コンテンツにスキップ