IUCN世界自然保護会議のXNUMXつの論点

3月2021日金曜日に始まった国際自然保護連合(IUCN)世界自然保護会議は、世界最大の自然保護に関する集会の19つであり、XNUMX年には、COVID-XNUMXパンデミック以来初めての主要な自然保護イベントが開催されました。始めた。

コモドドラゴン

この記事はISCの一部です Transform21 このシリーズは、気候と生物多様性の目標を達成するために必要な緊急の変革を知らせるのに役立つ、科学者と変革者のネットワークからの最新のリソースを特集しています。

世界 議会 今後の2020で検討される予定の、15年以降のグローバル生物多様性フレームワークの野心を設定するための重要なスペースになります。th の会議 生物多様性条約(CBD COP15)の締約国会議、および 国連気候変動会議(COP26)

このイベントは、さまざまな保全問題に取り組む何百ものセッションと、IUCNの1,300以上の会員組織が保全と持続可能な開発の課題に取り組むための行動について話し合い、投票する会員総会で構成されています。  

2021年のイベントで話題になりそうな問題をいくつか集めました。  

–最新のレッドリスト  

1964年以来、IUCNは、さまざまな種の状態を評価し、それらが絶滅に対してどれほど脆弱であるかに従って分類するリストを作成しました。 現在138,300種をカバーしている「レッドリスト」は、少なくとも年にXNUMX回更新され、多くの場合、会議やその他の主要な保護イベント(CBD COP会議など)と同時期に更新されます。 これは、世界中の絶滅危惧種の数のスナップショットであり、保全活動がどれだけうまく進んでいるかの指標を提供するのに役立ちます。

世界 週末にリリースされたアップデートには、XNUMX種類の商業的に漁獲されたマグロが回復の兆しを見せているというニュースが含まれていました、漁獲割当を強制し、違法漁業と戦うための行動が効果を上げていることを示しています。 しかし、IUCNは、種レベルでの世界的な改善が地域の違いを隠す可能性があり、多くの地域のマグロ資源が枯渇したままであると警告しました。 このリストはまた、人間の活動や気候変動による生息地の喪失により「脆弱」から「絶滅危惧」の状態に移行したコモドオオトカゲの窮状への注意を呼びかけました。 

–違法な野生生物の売買への取り組み  

会議の一環として、IUCNメンバーは、違法な野生生物の売買に取り組むことを目的とした動議に投票します。 承認された場合、IUCNのメンバーは、野生生物の売買に関して民間部門と協力し、象牙の象牙や鱗甲目などの違法な野生生物製品のオンライン市場に取り組むためのより強力な措置を講じるよう政府に求めるでしょう。 テクノロジーと接続性の進歩により、密猟者は違法な野生生物製品の潜在的な買い手と売り手とのつながりが容易になり、インターポールは次のように推定しています。 野生生物犯罪は世界経済の2〜3倍の割合で増加しています。 この動きは、政府とテクノロジー企業に、オンライン人身売買を取り締まるための努力を強化し、野生生物犯罪の背後にある国境を越えたネットワークを調査するために国境を越えて協力することを要求するでしょう。 

–「ネイチャーポジティブ」になる  

今年の初めに、 G7諸国グループが声明を発表 Locke et al。で探求されたアイデアである、世界が「自然にポジティブ」になることを求めています。 論文 自然にポジティブな世界:自然の世界的目標、 これは、2030年までに自然の喪失を即座に停止して逆転させ、2050年までに「完全な回復」に向けて取り組むという野心的な目標を設定します。ネイチャーポジティブのアプローチは、生物多様性を保護するための同様の、理解しやすい目標を確立することを目的としています。 自然の世界的な目標は、他の目標なしでは達成できないため、持続可能な開発目標とパリ協定と一緒に機能するだろうとその支持者は言います。 このキャンペーンはすでにビジネス界や政策界で高レベルの支援を受けており、2022年まで地球委員会は 生物圏機能を強化するために必要な境界条件の定量的目標の開発 自然の前向きな目標に向かって。  

–生物多様性への投資 

生物多様性の保護を改善する方法に関するすべての議論において、XNUMXつの問題が大きく迫っています。それは財政です。 それは推定されます 世界の生物多様性の保護に年間78〜91億米ドルが費やされており、この支出のほとんどは国内で行われています。。 低所得国、または経済移行経済国にとって、切望されている生物多様性保護への資金提供は大きな関心事です。 議会の出席者への重要な質問には、生物多様性のためのより多くの公的資金を開発途上国に向けること、金融に関する監視と報告を改善すること、そして自然ベースのソリューションへの民間投資のための資金の範囲と規模を拡大するために金融セクターを動員する方法が含まれます。

–権利に基づくアプローチと保全の未来 

保護地域に基づく保護措置はますます議論されており、批評家は「要塞」のような保護地域の創設が伝統的な土地の権利を持つ先住民を含むコミュニティに取って代わるかもしれないと主張している。 この文脈で見られるように、30年までに土地の少なくとも30%を保護するための「30×2030」運動は 人権への脅威として非難。 他の人々は、人間以外の種の保護地域を超えて、 人間と人間以外の両方のニーズを取り入れた方法で自然と共に生きる。 最近公開されたポリシーブリーフ by 国連の人権と環境に関する特別報告者であるデビッド・R・ボイドとステファニー・キーンは、 権利に基づくアプローチを求める 先住民族や農村部やコミュニティのグループと協力して実施された、生物多様性のメリットの保存、回復、共有 生物多様性の効果的な管理者としてますます認識される.  


あなたはすべての最新の議論をフォローし、ツイッターで会議からの録音を見ることができます #IUCNcongress。 

あなたも興味があるかもしれません:

ワイルドライフシティ

CON-VIVA:陽気な保全に向けて:人新世における人間と野生生物の相互作用の統治 を通じて資金提供されたプロジェクトのXNUMXつです 持続可能性への転換 (T2S)プログラム。

CON-VIVAは、保全が持続可能性への変革に不可欠であるが、その慣行を根本的に変える必要があるという前提に基づいています。 CON-VIVAは、最先端の自然保護の事例を比較することにより、「陽気な自然保護」の見通しを調査しています。

CON-VIVAの詳細については、 T2Sのウェブサイト.


による写真 ニコラ・バチャネック on Unsplash.

シェア:

コンテンツにスキップ