Sawako Shirahase

Vice-President for Finance (2022 – 2024); member of the ISC’s Committee for Freedom and Responsibility in Science (CFRS)

Sawako Shirahase is Professor of Sociology at the Graduate School of Humanities and Sociology, the University of Tokyo. She received her D.Phil in sociology from the University of Oxford in 1997, and joined the University of Tokyo in 2006. She became a professor at the Department of Sociology in 2010. She served as Vice-President of the University of Tokyo in 2018 and was Executive Vice-President for International Affairs at the university from 2019 to 2021. She is currently Director of the University of Tokyo Center for Contemporary Japanese Studies, which she founded in 2020 to foster global academic networking and collaboration, particularly for early-career researchers and students.

Her major research topics include social stratification and inequality, demographic transformation, gender and family, and social security systems in cross-national perspectives.  She is currently working on how to construct an inclusive future, focusing on the role of public and private transfers in providing livelihood security in the framework of comparative welfare state theory. She has run several large and longitudinal research projects as a principal investigator and published several books and articles on these issues.

Shirahase serves as a member of the Committee for Freedom and Responsibility in Science (CFRS) of the International Science Council since July 2019. She is a Vice-President for Finance and Membership of ISC Member, the International Sociological Association ISC (2018-2022), and a board member of Japan Society of Family Sociology.


白波瀬佐和子は、東京大学大学院人文社会学研究科社会学教授です。 彼女は1997年にオックスフォード大学で社会学の博士号を取得し、2006年に東京大学に入学しました。2010年に社会学部の教授になりました。2018年に東京大学の副学長を務めました。 2019年から2021年まで同大学の国際問題担当理事・副学長を務めました。現在、東京大学現代日本研究センターの所長を務めています。このセンターは、特に初期のキャリアのために、グローバルな学術ネットワークとコラボレーションを促進するために2020年に設立されました。

白波瀬氏の主な研究トピックには、社会階層と不平等、人口転換、ジェンダーと家族、そして国を超えた視点での社会保障制度が含まれます。 彼女は現在、比較福祉国家理論の枠組みの中で生計の安全を提供する上での公的および私的移転の役割に焦点を当て、包括的な未来を構築する方法に取り組んでいます。 彼女は主任研究者としていくつかの大規模で長期的な研究プロジェクトを実行し、これらの問題に関するいくつかの本や論文を出版しています。

白波瀬氏は、2019年2018月から国際科学評議会の科学の自由と責任に関する委員会(CFRS)のメンバーを務めています。彼女は、国際社会学会(2018-2022)の財務・会員担当の副会長であり、日本家族社会学会理事も務める。

Share:

Skip to content